たっぷり睡眠で薄毛予防

薄毛予防にはしっかりとした睡眠が重要になってきます。
人間の成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されます。
成長ホルモンが多く分泌されると髪の毛の生える量を増やしてくれたり、毛一本一本を太くしてくれます。
成長ホルモンは22時から深夜2時の間に最も多く分泌されます。
そのため、睡眠不足になってしまうと成長ホルモンが正常に分泌されなくなり、髪の毛を守ることができず、薄毛になってしまいます。
ストレスなどが薄毛の原因になるというのは有名な話ですが、これも実は睡眠が深く関係しています。
たしかに、心理的な要因で髪の毛が薄くなってしまうこともありますが、それに加えて不安ごとやイライラが溜まって夜眠れなくなることによって髪が薄くなるとも言われています。
また、髪に良いとされているノリやワカメなどの海藻類をしっかりと食べても、睡眠が十分に足りていなければ、あまり効果がありません。
人間は、食べ物から摂取した栄養素を夜寝ている間にエネルギーに変換し、体の様々な部分に届けています。
そのため、睡眠が十分にとれていないと、せっかく摂取した栄養素が髪の毛にまで行き渡りません。
現代社会ではほぼすべての人が何かしらのストレスを感じて生きています。
また、仕事が忙しいなどの理由で夜しっかりとした睡眠をとることができない人が多くなってきています。そういった方は薄毛予防の一環として昼寝をしてみることをおすすめします。
昼に15分程度寝るだけで睡眠不足を解消することができますし、昼寝には夜寝やすくなるという効果もあります。
早寝早起きを実践して、必要であれば昼寝をする。
規則正しい生活をしてたっぷりと睡眠時間を確保していくことが、薄毛予防の近道になります。

■AGA費用について
薬は通販を賢く利用
■薄毛予防はプロペシアがお勧め!
プロペシア

ページトップへ