「未分類」カテゴリーアーカイブ

今話題の銀座総合美容クリニック(銀クリ)とは?

男性の悩みの一つが薄毛です。髪の毛が薄くなるともうあきらめる以外に方法はないのでしょうか。そのようなことはありません。実際に治療を受けた私が断言できるのは、男性型脱毛症はいま医学の力で治療できるようになったことです。中でも今注目を集めているAGA病院の一つが銀座総合美容クリニック(銀クリ)です。AGA病院はどこも同じだと思っている人も多いかもしれませんが、銀座総合美容クリニック(銀クリ)のAGA治療は他のクリニックとは一線を画しています。

 

銀クリの治療方針は患者の悩みに真摯に向き合う

銀座総合美容クリニック(銀クリ)が目指すのは、薄毛で悩む男性の悩みを医学の力で解決することです。AGA治療のためにAGA病院を受診したものの、なかなか改善されなかった、植毛やウィッグではなく、自分の髪の毛を増やしたい、そのような悩みに真摯に向き合ってくれるのが銀座総合美容クリニック(銀クリ)です。本当に薄毛は治るのか?その答えをしっかり出してくれます。

 

治療は4段階

クリニックで行うAGA治療は4つの段階に分けて行われます。それは1.診断、2.内服薬治療、3.成長因子投与治療、4.患者自身の目による評価です。診断は熟達した医師が的確に行います。患者の状態に合わせてどのような治療が最適かを判断します。診察では薄毛の原因を特定することに加え、遺伝子検査を行い今後どの程度まで進行していくのかを見極めます。診断の後治療が始まります。

 

ノーニードル育毛メソセラピーによる薄毛治療

治療では内服薬治療と成長因子投与の2種類に分けて行います。内服薬治療ではAGA治療内服薬を処方し、発毛効果を確認します。AGA治療内服薬は患者の予算、薄毛の状況に合わせて処方されるので、安心です。成長因子投与治療ではノーニードル育毛メソセラピーと呼ばれる方法が採用されています。ノーニードル育毛セラピーとは成長因子を直接毛根に投与することで、毛髪の発育を促進する方法です。

AGA治療は医師との協力が必要不可欠です。自分の力で改善しようとしたとしても、適切な治療と薬の処方がなければ決して改善されません。銀座総合美容クリニック(銀クリ)では患者の期待にコミットしてくれます。最新の発毛治療を駆使することで、今抱えている悩みを根本から解決し、自分に自信が持てるようサポートしてくれます。

AGA病院を選ぶならAGAヘアクリニック vs. 銀座総合美容クリニックどっちがいいの?

AGA治療をするとしたら、AGAヘアクリニックと銀座総合美容クリニックのどちらを選んだらよいのでしょうか。最終的に決めるのは自分なので、後悔のないようにしたいところだと思います。私はそれぞれ体験治療を含めて診察を受けてみたのですが、どちらとも甲乙つけがたいというのが正直な印象です。AGA治療はお医者さんとの相性もあるので一概には言えないのですが、治療方法、投薬、費用を比較してAGA病院を選ぶのがおすすめです。

 

治療方法を比較する

AGAヘアクリニックの治療方法で注目できるのが遠隔診療です。テレビ電話診察は診察料が無料ですから、遠方などの理由で治療が受けられないという人に向いています。遠隔診療でも実績のあるお医者さんが診察してくれるので、安心して診察が受けられます。

銀座総合美容クリニックはノーニードル育毛メソセラピーを実施しているのが注目ポイントです。実はこのセラピーを実施しているAGA病院は数少なく、AGA治療の中でも発毛効果が期待できるにもかかわらず、なかなか受けられないということが多いです。銀クリなら最先端の治療が受けられるのが魅力です。

 

AGA治療薬の投薬方法

投薬方法についてはどちらのAGA病院ともに、頭髪の状態に合わせた適切なお薬が処方されるので、大差はないです。ただしデュタステリドというAGA治療薬については、AGAヘアクリニックの方が薬価は割安に設定されています。差はわずかなのですが、少しでも割安に処方されるという点で銀クリよりもポイントは上です。

 

費用

費用は圧倒的にAGAヘアクリニックに軍配が上がります。基本的な治療費は大差ないのですが、ノーニードル育毛セラピーが価格を広げている理由です。これだけで費用が1万円以上も変わってきます。ただししっかり髪の毛を増やしたいと思っているのであれば、この程度の費用の差はあまり高いとは感じないと思います。どちらとも良心的な診察費用です。

 

結論

どちらとも甲乙つけがたいというのが私の個人的な感想です。遠方に住んでいるのであればAGAヘアクリニックですし、確実に髪の毛を増やしたいという場合は銀クリの方がおすすめです。それでおすすめはそれぞれの体験治療に参加してみて、自分に合ったクリニックを決めることだと思います。

AGA病院で処方されるAGA治療薬の種類と効果、副作用のまとめ

AGA病院で処方されるAGA治療薬は、薄毛の状況や体質に合わせて適切なものを選択します。AGA病院の医師たちは経験豊富で熟達していますので、私たちはとにかく医師を信頼して治療に望むのがベストです。私もAGA病院でAGA治療薬を処方してもらいましたが、調べてみると、AGA治療薬には効果のほかに副作用もあるので、治療を受ける過程でそれぞれに注意することが大切だということがわかりました。

 

フィナステリド

フィナステリドは代表的なAGA治療薬です。もしかしたらプロペシアという名前を聞いたことがあるかもしれません。プロペシアはフィナステリドの商品名の一つで、ジェネリック(後発医薬品)も開発されています。フィナステリドには、毛髪の成長を抑制する原因になるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果があります。具体的にはジヒドロテストステロンを作り出す因子となる酵素の働きを抑えることで、毛髪の成長を促します。副作用として性欲減退や肝機能障害がありますが、大量摂取しない限り副作用が出る心配は小さいので安心して服用できます。

 

デュタステリド

デュタステリドはフィナステリドと同様、発毛効果のあるAGA治療薬です。効果は基本的にフィナステリドと同じですが、毛髪の育成を抑制するジヒドロテストステロンを生成する酵素を抑制します。酵素にはI型とII型という二種類の酵素があります。フィナステリドはII型を抑制する効果のみですが、デュタステリドはI型も抑制するので、より薄毛に効果があるとされています。私もこのデュタステリドを処方されましたが、以前よりも髪の毛のボリュームが確実に増えたので、これは本当だと思います。副作用はフィナステリドと同じ性欲減退や肝機能障害などがあります。ただしよほど大量に服用しなければ副作用が出る心配はありません。

 

ミノキシジル

ミノキシジルはフィナステリドなどのAGA治療薬とは効果が異なります。ミノキシジルは毛細血管を拡張し、血流を改善することで発毛を促す効果のある医薬品です。ミノキシジルは頭皮に直接塗布することで血流を改善します。発毛効果は人によって違うので、医師による濃度調整が必要になります。私はミノキシジルのリキッドを処方してもらいました。明らかに髪の毛のボリュームがアップしたのが印象的でした。副作用は頭痛や湿疹などですが、他のAGA治療薬同様、医師の指示に従って使用する分には、副作用は起きないので安心して利用できると思います。